火の玉の如く

旧車が好きだ!

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  Z1 オーバーホール
tags : 
自分のZですが、ヘッドも手を付け始めました。
ヘッドといえば、エンジンの性格を決める大事な場所ですね。
それ故、一歩間違えるとダメダメなエンジンが完成するかもしれません。
あまり自分で手を出す方はいないと思いますが、参考にはなるかと。

まずはバルブガイドを抜くための準備。
ストーブでヘッド全体を温めておきます。
R0015799.jpg

手で触れないくらい熱いですから火傷には気を付けましょう。
と、ここで何回も救われたケミカルの登場。
和光のラスペネです。
R0015801.jpg

ここにプシュっとしときます。
温まってから時間が経過してる方が浸透しやすいと思いますよ。
R0015802.jpg

そして冷める前に一気に叩き出します。
時間との勝負なので写真なんて撮ってられません(笑)

打ち抜きをする時は長いボルトとナットで自作した工具を使ってますが、
カワサキ純正でもそんな高い工具じゃなかった気がするので、
打ち込みをする時までには専用工具、買おうかな・・。

抜いたバルブガイド。
R0015809.jpg

何回もガンガン叩いてるとヘッドに良くありません。
決める時はスパっと!! 叩いてて、高い音から低い音に変わったら、力を抜いて
優しく叩きましょう。 もう抜けるはずです。
ダメそうなら叩くのを止めて、バーナーで熱を加えましょう。


R0015810.jpg

ヘッドが暖まってるついでに、新品のガイドを打ち込みたいとこなんですがー・・・
ポート加工が控えてるので、このまま保留。
次回はポート加工かな?
大幅に拡大するとかは無いので、あまり期待しないでね・・・・・・。
段修正ぐらいです。はい。


あとは別件ですがクランクケース上に取り付けるブローバイカバー。
これはフィンタイプのを買っていたんですが、黒く塗っておきました。
もちろん統一感を出すためにガンコートです。
フィンの部分も削って オシャレ してます(?)
R0015811.jpg


↓ランキングに参加中!応援ヨロシク!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

   



スポンサーサイト

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

2011/06/04
リコイル

Category :  Z1 オーバーホール
tags : 
旧車にお乗りの方なら、一度は遭遇するであろうトラブル。
「ボルトのトルク抜け」
40年近くも前のバイクだと、珍しくもない光景ですね。
なんとな~く締め込めてはいるんだけど・・・・、イマイチ信用出来ない。

そんな時は「リコイル」で強化しちゃいます!
R0015792.jpg

パケットは、キットに付属されてるのより、長いのを使ってます。
R0015794.jpg

これで安心♪
R0015798.jpg



エンジンを積んであったとしても結構簡単に作業出来ます。
もし気持ち悪~いネジ穴があるならば、お試し下さい!

↓ランキングに参加中!応援ヨロシク!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

   



テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。