火の玉の如く

旧車が好きだ!

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  KR 250
tags : 
最近はKR250のオーバーフローで悩まされていました。
Z1という本妻がいる為、KRの扱いは……。
しかし、KRは通勤仕様。なんとかしなければ!と修理開始です。
前回は、キャブの点検。ジェット等を掃除。で、結果はダメ!
今回は、負圧式コックを疑ってみました。 Zは落下式なので、分かりやすくて好き。



分解途中ですが、これがKRのガソリンコック。 負圧式です。
負圧式のコックは、いろんな車種で採用されてますが、かなりの確立でトラブルが
発生してます。ここの不良かは分からないが、とりあえず分解。






「あれ~っ??」
右に見える通り道が…。 ふさがってる? 
パーツクリーナーを勢いよく吹き、細い棒でホジホジ。
コックにホースをつなぎ、「PRI」の位置へ。  ドバーっとガソリンが流れてきました。

燃料コックの中身も、別に傷んでる様子はありませんでした! 良かった。
この部分に詰まっていた、赤錆だけのようです。
負圧コックの不具合ならば、落下式に交換したろかな~?とも考えてましたが、
今回は、この詰まりが原因と思われた為、落下式への交換は止めました。

あと、別の不具合?ですが、燃料ホース。



この透明のホースは以前、ホースからの燃料漏れの時に自分で交換した物です。

なぜ、透明なのを選んだかというと、初の負圧式だった為、本当に燃料が流れてるのか
不安だったからです。 透明なら、確認が出来ますから。
しかし、このホースはすぐにカチカチに硬くなってしまう様です。
全く使い物になりません!フィルターの繋ぎ目からもジワーっと漏れてました。
で、新しく購入。今回はキジマ。 内径は6パイです。



KRの構造上?? 結構無理な取り回しが各部に見られます。
本来、フレームの裏側を通して、燃料ホースをコックに繋ぎます。
しかし、手が入れづらいだけで無く、ホースが折れてしまい、燃料が流れない等、
いろんな事が起こります。 見た目は悪いかも?ですが、この取り回しで決定です。
今、見ると右側ホースが長いですね。今度もう少しスマートに見せる様、調整せねば。
(コック側の、ホースを差す部分は外側へ向けました)

ここまでやって、負圧の確認もしてみました。問題無しです。
キャブ、エアクリを連結させ、ガソリンタンクを乗せて、燃料ホースを接続。
負圧ホースも接続して……。

どうかな~って感じでコックを「PRI」へ、そして勢いよくキック!
一発でエンジン始動です! ん~感動!!

キャブ調整を済ませ、試運転をしてみましたが、なんの不具合も無かったです。
前回、キャブの掃除をしていたおかげか、かなり調子がいい!
久々にKRで走りました。やっぱ2ストも楽しいですね。

6~7千回転からの加速を久々に味わい、アドレナリンが大量に分泌されてました(笑)

何回エンジンをかけても、一発始動です。嬉しいですね~!!
キャブの調整も終了させときました。アイドリングも安定してます。

これで、調子が良くなったので、明日の通勤から乗っていけます。ふぅ、一件落着。

↓ランキングに参加中!応援ヨロシク!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

   





テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

コメント

フーエルコック分解
はじめまして。KR250で検索して参りました。

「負圧式燃料コック」諸悪の根源ですよね^^; 私も手を焼いています。

一度分解したいと思っているんですが、ガスケット類の入手の可否がわからずためらっております。

ブログを拝見した限りでは、そのへんの事には触れていないので、特に問題なく入手できるのでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、教えていただければ幸いです。

PS:ご子息お誕生、おめでとうございます♪


2008/08/03 09:28  コッシー  URL  #2jlwOP96  編集


>コッシーさん

はじめまして。
KRというか、負圧式コックに悩まされる方は多いですよね~(笑)

ガスケットの件ですが、私も気にはなりましたが、考えるよりも「え~い、やっちまえー!」ってゆう性格だからでしょうか…、とりあえずバラして掃除。で、組み付け。この記事の通りにしか作業しておりません。
もし、漏れたら考えればいいかっと考えてましたが、あれから、何日たったのか…全然問題は無いですよ。

ただ、このコックのガスケットが無くても大丈夫だと思います。 ベースガスケットを買い、切って使えますから。
使い方は簡単です。コックに朱肉を付けて、ベースガスケットにポンっと、ハンコを押すような感じで。
で、カッターで切り抜けば完成です。
是非、試してみてください!
バイクショップでも売ってるとは思いますが、一応こんな感じの物です。

http://daytona-mc.jp/products/130/040/post_109.html

息子の件、ありがとうございます♪

では、また遊びに来てください~
2008/08/03 13:20  HIRO  URL  #-  編集

ありがとうございます
アドバイスありがとうございます。

考えて考えて、結局全然前に進まないという我ながら困ったパターンに陥りがちです。

やりだすとコレが大胆なんですが、とにかく近々やってみます。

お言葉に甘えてしばしば覗きにくると思いますが、よろしくお願いします。
2008/08/03 19:48  コッシー  URL  #2jlwOP96  編集


どういたしましてです。

オーバーフロー修理、頑張って下さい。
良くなるといいですね。

コッシーさんのホームページも見にいかせてもらいました。
コーク・バリントン氏とミーティングとは、凄い!
2008/08/03 20:27  HIRO  URL  #-  編集


ども。涼しくなってきたので思い切ってバラしてみました。教えていただいたガスケット購入後に調べたら、純正部品まだ入手可能でした。

51039-003 タンクとコックの間 221
11009-1188 内部の穴が5つ開いてるガスケット 221
92055-1085 コックの回りに付けるOリング 179

負圧バルブ側の部品もまだ入手可能なようです。

強制ON・OFF は 負圧バルブ部のシールに漏れが無いということを前提に

1.負圧ホースをはずし、負圧コックを動かなくする
2.コックの RES ON PRE と書かれた板の、中の丸い部分のでっぱりを削り、つまみが360度動くようにする。

これだけで

つまみ 上向き・・・0N
つまみ PRE・・・RES
つまみ ON・RES・・・OFF

と簡単にできました。詳細は追ってHPに掲載します。
2008/08/22 20:16  コッシー  URL  #qZ/R2g12  編集


コッシーさん、どうも!

修理完了したみたいで良かったですね!
私はガスケットを変えてないので、また同じ症状が出るかもしれませんね~。
コッシーさんのコメント、参考になりました!どうもです。

やっぱり負圧式を殺してしまう方が、てっとり早いかなー?っと思ってきました。
またHPを参考にさせて頂きます。

2008/08/23 17:59  HIRO  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kawasakicr.blog100.fc2.com/tb.php/158-4824b21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。